イタリアに行ってきました。旅行記更新中。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 南イタリアのちいさな街 / main / アマルフィでバカンス気分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    - / - / - / スポンサードリンク /
    Grazie mille, Giacomo e Rosa!

    2012/10/16 *4日目*

    今日はジャコモとローサとお別れの日。朝から泣きそう。
    P1040187.JPG
    朝ごはんの後のエスプレッソ。毎朝の定番だったなー。

    この日も午前中はマルティーナの街を案内してくれたふたり。
    マルティーナの街には塔が7つあって、その塔に囲まれて旧市街があるそうです。
    P1040202.JPG
    昨日夜に来たサンマルティーノ教会。朝の姿も美しい。

    P1040205.JPG
    教会内部。

    P1040211.JPG
    愛しのチンクエチェントがまたいた。

    サント・ステファノ門のそばにあるドゥカーレ宮殿。
    P1040216.JPG
    バロック様式の建物。バルコニー素敵。

    P1040229.JPG

    旧市街をあとにし、メルカート(市場)へ。
    P1040232.JPG
    平日昼間なのにすごい人。活気に溢れてるー!

    P1040233.JPG
    ランプ屋さん。

    P1040236.JPG
    篭屋さん。

    P1040238.JPG
    サポーターだらけの謎のマネキン。笑
    一瞬びっくりしたw

    そして市場と言えば食料品たち。
    P1040247.JPG

    P1040248.JPG

    P1040250.JPG
    パプリカもナスもでか!

    P1040251.JPG
    大好きなフィノッキオ!

    P1040258.JPG
    気持ちのいい秋晴れです。日差しはまだまだ強くて夏みたい。

    P1040260.JPG
    流川さんいた。笑

    メルカートから歩いておうちに帰ります。
    P1040261.JPG
    こちらはモダンな教会。

    P1040262.JPG

    お昼ごはん。
    P1040267.JPG
    レタスのサラダ。バルサミコ酢で味付けしただけなのにおいしすぎた。

    P1040268.JPG
    オイルスパゲッティ。

    P1040273.JPG
    おにくー!中にモッツァレラチーズが巻いてあるの!
    ローサの料理ぜんぶおいしかったなあ。ありがとう。

    いよいよお別れ。3日間お世話になったふたりのおうちをあとにして、ターラントの街まで。
    P1040276.JPG
    大好きなふたり。

    ターラントは港町。
    P1040280.JPG
    解放的な空気が気持ちいい。

    P1040282.JPG

    P1040289.JPG

    P1040290.JPG
    これは、旧市街と新市街にかかるジレヴォレ橋。
    大きな船などが通ったりするときは真ん中から分かれて開きます。

    P1040299.JPG
    ターラントの駅。ここでふたりとお別れ。
    車を降りるときから号泣してしまった。ローサも涙目でハグしてくれた。
    ジャコモはハグしてくれたあと、少し離れてこちらに手を振っていた。
    余計寂しくさせるからわざとあっさりしてるような感じで、サングラスをずっとしていたのも顔を隠すためだったみたいで。そんなジャコモの優しさが嬉しかった。
    本当に本当にありがとう。またすぐ会いに行くから元気でいてね。

    P1040300.JPG
    少し寂しさを抱えながら、次の目的地へ。サレルノを目指します。

    電車で4hほどでサレルノへ到着。外は真っ暗。
    サレルノからソレントを結ぶSITA社のバスに乗って、途中のアマルフィまで。
    栃木のいろは坂、箱根のヘアピンカーブなんてものじゃないくらいのくねくねカーブになっていて、どんどん上までのぼっていきます。
    真っ暗な海と、きらきら光る街が美しくて窓におでこをくっつけて見入っていました。

    しばらく揺られて、ようやくアマルフィに到着。このときたしか21hくらいになっていたと思う。
    ホテルがなかなか見つからず、フロントに何度も電話をしてやっと辿り着きました。
    フロントのおばさんがなかなか素敵な人で、とてもアットホームな感じ。
    実際、家族で経営しているみたい。

    荷物を置いて、食事へ。ドゥオーモのすぐそばにある雰囲気のいいレストランに入りました。
    ちょっと肌寒かったけど、夜のアマルフィが綺麗すぎたのでテラス席へ。
    P1040322.JPG

    P1040319.JPG

    P1040320.JPG
    こんなにすぐ近くにドゥオーモが。

    P1040325.JPG
    タコのサラダ。

    P1040327.JPG
    4種のピザ。そしてワイン。

    P1040334.JPG
    ハーフをひとりで飲んだら、めずらしく酩酊してしまいました。笑

    P1040350.JPG
    ベッドとてもかわいいですよね!こんな部屋憧れるなあ。

    P1040354.JPG
    そしてあまりに酔っ払って、ここからあまり覚えていません。
    どうやら寝落ちして、友達に起こされても起きなかったよう…。
    ごめんね。笑

    そんなこんなでアマルフィの夜はふけていったのでした。笑

    0

      イタリア / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
      スポンサーサイト
      0

        - / - / - / スポンサードリンク /
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://h1t0m1t.jugem.jp/trackback/69
        トラックバック