イタリアに行ってきました。旅行記更新中。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バーリで再会 / main / Grazie mille, Giacomo e Rosa! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    - / - / - / スポンサードリンク /
    南イタリアのちいさな街
    2012/10/15 *3日目*

    8時起床で朝ごはん。
    P1030855.JPG
    南イタリアは快晴で、朝キッチンからの眺めがとても気持ちいい。

    支度を済ませ、散歩がてら近くの旅行会社のエージェンシーへ連れて行ってもらう。
    明日ターラントからサレルノまで行く列車のチケットをゲット。
    日本で調べた感じだとバスでしか行けないと思ってたけど、1回乗り換えするだけで電車でも行けるのだそう。
    海外ではバスより電車の方が乗り場とかわかりやすくて安心だったから、よかったー。

    P1030858.JPG
    マルティーナの街。

    そのあとは、マルティーナ近くの街チステルニーノへドライブ。
    P1030872.JPG
    ローサの生まれた街なんだそうです。ここはローサの実家。今は空家になっていて、夏になるとふたりでここで過ごすんだって。

    P1030873.JPG
    ブドウの木。

    P1030884.JPG
    こんなところで休暇過ごせたら気持ちいいだろうなあ。
    ここもトゥルッリになっていて、オリーヴやサボテン、レモンがたくさん育っていました。

    しばらくチステルニーノをぶらぶら。
    P1030902.JPG
    坂の上の公園。眺めが綺麗だった。

    P1030909.JPG
    右に写っているのがジャコモ。紫のセーターがおしゃれ。

    P1030913.JPG
    窓とバルコニーがかわいい!古いものがずっと生きているのがいいなあ。

    P1030915.JPG

    P1030916.JPG
    野菜が積まれたトラック。こういう市場的な光景は見てるだけでわくわくする。

    P1030917.JPG
    ジャコモとローサが結婚式を挙げた教会。

    教会の脇から旧市街へ入ります。
    P1030924.JPG
    白の迷路。

    青い空と白い壁が美しい。
    P1030930.JPG

    P1030943.JPG

    迷路のような旧市街をゆっくり散策します。
    たぶんこれ自分たちだけで行ったら絶対迷ってた。笑

    P1030966.JPG
    ドアもかわいい。

    P1030968.JPG
    ああー、このくすんだ緑もいいですなあ。

    P1030971.JPG
    気づいたらドアの写真ばっかり撮ってた。完全にドアフェチ。笑

    高台にある公園。
    P1030973.JPG

    P1030974.JPG

    P1030977.JPG
    近所のおじいちゃんおばあちゃんがベンチに座って世間話に花を咲かせていました。
    こんなところで老後を過ごしたいなあ。

    P1030982.JPG

    P1030983.JPG

    ここでチステルニーノを後にして、次はオストゥーニという街へ。
    P1030984.JPG
    このドアの色素敵。

    P1040003.JPG
    ここが中心の広場かな?

    そしていざ、オストゥーニの旧市街へ。オストゥーニは古い街で、観光客もそこそこ多かった。
    P1040006.JPG

    この街も白がまぶしい。
    P1040015.JPG

    P1040016.JPG

    もともと城塞だったところに街ができたそうです。
    P1040025.JPG
    見張りをするための塔や大砲台なんかもありました。

    P1040029.JPG

    P1040063.JPG
    お店の前の自転車も絵になりますね。

    途中で買い出しでスーパーへ。
    P1040065.JPG
    洞窟スーパー。

    P1040067.JPG

    オストゥーニ観光を終え、一旦家に戻ります。
    P1040069.JPG

    外国の人の天然のインテリアセンスがうらやましいです。
    P1040073.JPG

    バルコニーからの眺め。
    P1040084.JPG

    お昼はラザーニャ。
    P1040096.JPG
    奥に見える白い野菜はフィノッキオといって、このあたりではよく食べられるそう。
    生でそのまま食べます。セロリとレタスみたいな味。さっぱりしていて大好き。
    食事のたびにぱくぱく食べていました。笑

    P1040100.JPG
    食後のエスプレッソも安定のおいしさ。

    お次はジャコモとローサの息子宅を訪問。お嫁さんがいたのでご挨拶。
    P1040110.JPG
    なにこの豪華なリビング!この辺の人のスタンダードってこんな感じなのかな。すげい。

    ジャコモの家にもあったけど、これ一家に一台はあるエスプレッソマシーン。
    P1040112.JPG

    お庭も広い。みんなでクルミ拾いしてまったり過ごした。
    P1040118.JPG

    P1040120.JPG
    ピザ焼く釜も庭にある。天気のいい日はここで食事したりピザを焼いたりするらしい。

    このあとふたりの娘さんのところにも遊びに行ってきました。
    英語の先生をしているらしく、いろいろと会話が弾む。
    10歳くらいの孫がいるらしいんだけど、学校に行ってて会えなかったー。残念。
    またバカンスのときは遊びにおいでーと言ってくれたので、いつかまた訪れたいな。

    日が暮れてきました。
    P1040132.JPG

    夜はマルティーナへ戻って、夜のマルティーナ・フランカを観光。
    P1040137.JPG

    ここが旧市街の入口にあるサント・ステファノ門。
    P1040140.JPG

    P1040150.JPG

    サンマルティーノ教会。
    P1040155.JPG

    路地ひとつひとつに趣がある。
    P1040170.JPG

    夜のプレビシート広場はとても美しい。
    P1040181.JPG
    時計台とサンマルティーノ教会。

    マルティーナ観光を終え帰宅。
    明日でお別れなので、ふたりにプレゼントを渡した。明日になるのが寂しくて、涙が出そうになった。

    P1040182.JPG
    夕食はトマトとチーズのシンプルなパスタ。いんげんのパプリカもおいしかった。

    夕食後、ローサは今日拾ったクルミの皮むき。
    ジャコモと私たちは折り紙。笑
    P1040186.JPG
    ジャコモとはお互いカタコトの英語で会話。少し難しいことはGoogle翻訳使っていろいろ質問したりして楽しかったし、ローサは英語通じなくてもなんとか表現しようとしてくれたり。
    ほんと、こういう何気ない時間が幸せ。ふいに泣きそうになるのをこらえるのに必死な夜でした。
    0

      イタリア / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
      スポンサーサイト
      0

        - / - / - / スポンサードリンク /
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://h1t0m1t.jugem.jp/trackback/68
        トラックバック