イタリアに行ってきました。旅行記更新中。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドバイ、ローマ、ヴェネツィア / main / 南イタリアのちいさな街 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    - / - / - / スポンサードリンク /
    バーリで再会

    2012/10/14 *2日目*

    ホテルで朝食。
    P1030589.JPG
    食後のカプチーノおいしかったなー。

    支度を済ませ宿をチェックアウト。荷物だけ預かってもらい、ヴェネツィア観光へ繰り出します。

    ホテル近くの通り。天気があまり良くなくて残念。
    P1030593.JPG

    P1030598.JPG

    P1030607.JPG

    路地裏大好き。
    P1030608.JPG

    水上バスに乗り込み、サンマルコ広場を目指します。
    P1030614.JPG
    夜も綺麗だったけど、昼間のヴェネツィアもやっぱり美しいー。

    水上バスはここに暮らす人々にも欠かせない交通手段。
    便利だし安いし、旅行者にとっても手軽に運河の景色を楽しむことができて嬉しい。

    ヴェネツィア名物ゴンドラもよく見かけます。
    P1030624.JPG
    やっぱり細い運河なんかはこれじゃないと通れないからね。
    ゆっくり時間をかけてヴェネツィアの景色を楽しむにはぴったりだし。
    今度訪れるときにはぜひ乗ってみたい。

    P1030627.JPG

    サンマルコ広場到着。
    P1030634.JPG

    右手にあるのがドゥカーレ宮殿。その奥にあるのがサンマルコ寺院。
    P1030639.JPG

    P1030648.JPG
    どちらも長蛇の列で、午後にはバーリに向かいたい私たちは泣く泣く内部の見学を諦めることに…。
    ほんと弾丸すぎる。笑

    この日はあいにくの小雨模様。雨が降って運河の水位が上がり、陸まで水浸しになってしまっていました。
    P1030655.JPG
    仮説の台、というか道路があちこちに渡してあり、そこを歩きます。

    サンマルコ寺院の奥の通りを少しだけ散策。
    なぜかずっと憧れていた(笑)仮面を購入。
    そしてreminescenceというショップで可愛いブレスレットを発見。
    ちょっと高かったのだけど、ボーナス入るからいいよね〜ということでふたりして購入。
    http://www.reminiscence.fr/fr/home.aspx 
    カラフルできらっきらでとってもかわいいの。日本にはないブランドみたい。

    そんなこんなで弾丸ヴェネツィア観光を終えて、ホテルへ荷物を取りに戻ります。
    帰りも水上バスで。
    P1030678.JPG

    P1030683.JPG

    P1030715.JPG

    P1030716.JPG

    ホテル近くでお昼ご飯。
    P1030718.JPG
    グラスの色をジュースと揃えてくれた。かわいい。

    P1030725.JPG
    フンギというキノコピザ。

    なにげないカフェもこんなに素敵だなんて。
    P1030727.JPG

    ホテルで荷物を受け取り、ヴェネツィアの駅前まで移動。
    ローマ広場から出ているバスで、マルコ・ポーロ空港へ。
    一応国際空港行きなのにバスには地元の小学生ばかりが乗ってきてとっても不安だったけど、なんとか無事に空港に到着。

    P1030729.JPG
    ヴェネツィアのマルコ・ポーロ空港。

    アリタリア航空の飛行機に乗り、いざバーリへ。
    今回の旅の一番の目的は、2年前のヨーロッパ一人旅で出会ったジャコモとローザに会いにいくこと。(ふたりとの出会いはこちら→http://h1t0m1t.jugem.jp/?eid=22
    そんなふたりの住むのは南イタリアの街マルティーナ・フランカ。今日から3日間ステイさせてもらうことになっているのです。

    ヴェネツィアから1h30ほどでバーリの空港に到着。
    到着ゲートから出てすぐにジャコモとローザを発見。見つけた瞬間うれしくて涙が出てきました。

    彼らの住むマルティーナへと向かう途中、アルベロベッロに立ち寄る。
    トゥルッリという三角屋根の白いおうちが並ぶかわいらしい街。
    P1030743.JPG

    これこれ。
    P1030751.JPG
    おとぎ話の世界に紛れ込んだみたい。
    夕暮れどきのアルベロベッロ、とても美しいです。

    P1030770.JPG

    ひとつひとつのトゥルッリは、家になっていたりお土産屋さんになっていたりします。
    P1030784.JPG

    あ、愛しのFiatチンクエチェント!
    P1030791.JPG
    イタリアではよく見かけました、Fiat。なかでもこのチンクエチェントがまだまだ現役でたくさん走っているとは。
    イタリアの路地にまたよく似合いますよね。

    アルベロベッロ観光を終えて、次はマルティーナ近くのロコロトンドという街に立ち寄る。
    P1030811.JPG

    4人でてくてく散策。
    P1030823.JPG

    小さな街。
    P1030824.JPG

    P1030826.JPG
    白い壁。バルコニーに飾られた花。橙の灯り。ヨーロッパ独特の紺色の夜。
    完璧な美しさ。

    21hすぎくらいにふたりの家へ到着。狭いアパートだから、と言っていたけどとんでもない!
    広くて居心地の良いところでした。

    私たちに貸してくれたお部屋。
    P1030848.JPG

    ローザお手製の夕食をいただきます。
    帰ってきてすぐちゃちゃっと作っちゃうところがさすが「母」だなあと思いました。

    オレキエッテという耳の形をしたパスタ。たっぷりのチーズと絡んでおいしい。
    P1030851.JPG

    モッツァレラ!ハムやサラミと一緒にそのままいただきました。
    P1030852.JPG

    ワインを飲みながらたくさん話してたくさん笑って。みんなで食卓を囲みながら、ゆっくり食事をすることって大事なんだなあとあらためて実感。
    ちなみにジャコモは79歳で、ローザは70歳ちょいくらいだそう。
    こんなに元気なおじいちゃんおばあちゃんいるのかなってくらい元気!すごいなあ。

    手作りケーキもおいしかった。
    P1030854.JPG

    2年前に一度会っただけなのに、今こうしてまた一緒に過ごせるなんて。夢みたいだ。
    来てよかったなあ、イタリア。

    0

      イタリア / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
      スポンサーサイト
      0

        - / - / - / スポンサードリンク /
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://h1t0m1t.jugem.jp/trackback/67
        トラックバック