イタリアに行ってきました。旅行記更新中。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ライン川に沿って / main / ロマンチック街道を行く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    - / - / - / スポンサードリンク /
    シャガールの青

    2010.9.27*6日目

    朝靄に包まれて幻想的なライン川。


    今日は、ライン川下り→マインツ→ローテンブルクという盛りだくさんな一日。
    朝食は果物とヨーグルトとパン・ハム・チーズとシリアル。


    乗りたい電車の時間ぎりぎりだったので、山道をダッシュ!
    Bacharachからローカル鉄道に乗り、Bingen Hbfで降ります。
    Bingen Hbfの駅で道を聞いて、ライン川下りの乗船場へ。


    今回は、Bingen(ビンゲン)からSt.Goar(ザンクト・ゴアール)までを下ります。
    さっそく船に乗ると、迷わずデッキへ!進行方向の最前列をゲット。

    船は雄大なライン川を進んでいきます。
    すると、岩山やブドウ畑の合間にぽつんぽつんと古城が現れてきました。

    ネズミの塔。


    エーレンフェルツ城。


    ラインシュタイン城。


    ライヒェンシュタイン城。


    シュターレック城。昨日泊まったところ。


    雄大なライン川を下るのはとても気持ちいい。
    ただしものすごく寒かったけど。


    プファルツグラーフェンシュタイン城とグーテンフェルツ城。


    ローレライの岩山。


    太陽の光が差し込んできました。きらきら。


    1hちょっとのクルーズで、St.Goar到着。


    電車の時間まで、しばらくSt.Goarの街をぶらぶらします。


    魔女の家的な。








    赤と白のカラフルな教会。


    St.Goarの鉄道駅。

    St.Goarは静かでかわいらしい街。次はもっとゆっくり散策したいな。

    お昼の電車でMainz Hbfへ向かう。


    Mainz(マインツ)に来た目的は、ザンクト・シュテファン教会にあるシャガールのステンドグラスを見るため。
    このヨーロッパひとり旅の一番の目的なのです。

    マインツの街並みはピンク色で統一されていて、かわいらしい。


    地図を忘れたので、とにかく中心街ぽい方を目指すと、ザンクト・シュテファン教会に辿り着きました。
    なんという偶然。というか運命。


    いよいよ中へ入ります。ごくり。


    …うわあ。


    中は、シャガールブルーのステンドグラスからの光が教会を包んでいました。



    まさに青い光の洪水。言葉になりません。



    微妙に色の違う、でも、どれもがシャガールの青。
    鮮やかで強烈でそれでいて幻想的。目を離すことができませんでした。

    その余韻を引きずりながら、大聖堂の方へ向かいます。

    マルクト広場。

    ショッピングセンターとかもあって、賑わっていました。

    大聖堂。

    工事中だったけど、銅像がたくさんあって、重々しい雰囲気。

    そのあとは、Mainz Hbfへ戻り、ケバブを食べる。
    野菜たっぷりでおいしいです。


    マインツ中央駅で鉄道に乗り、ローテンブルクを目指します。
    途中、フランクフルト、ヴュルツブルク、シュタイナッハで3回乗り換え。
    大丈夫かなあ、どきどき。

    不安だったのでホームでおじさんに話しかけてみる。
    ヴュルツブルクまで一緒だということで、隣の席に座らせてもらい、一緒に乗り換えてもらう。
    荷物を上げたり降ろしたりするのも手伝ってもらって、とても温かい気持ちになりました。
    ヴュルツブルクでお別れ。ありがとう。

    ヴュルツブルクからローカル線に乗ると、向かいのおじいさんと目が合う。
    シュタイナッハで乗り換えると言うと、どうやら彼もシュタイナッハで乗り換えてローテンブルクに行くようで、「ついてきなさい」と言って一緒に乗り換えてくれた。
    英語は通じなかったけど、ボディランゲージでいろいろ助けてくれました。
    ローテンブルクの駅でお別れ。ありがとう。

    いよいよ、城壁で囲まれた街、ローテンブルクへ。
    中世の雰囲気漂うレーダー門に、テンションが上がります。


    中世にタイムスリップ。


    かわいい以外になんて形容すればいいの…!てくらいかわいらしい街並み。




    レストランとかお土産屋さんとか、それらの看板とか、すべてがかわいくってときめきっぱなし。
    YHを目指して街を歩いていくと、昨日バッハラッハのYHで出会ったミキさんと再会!
    一緒にYHへ向かいます。チェックインすると、なんとミキさんと同じ部屋!
    すごい偶然。

    今日の宿は、ローテンブルクのYH。
    中世の面影を残すかわいらしい建物なんだけど、私たちのお部屋は、その本館ではなく別館の方。
    綺麗だけど、うす暗くて、夜一人だとちょっと怖いだろうな…。

    荷物を置いて、ミキさんと、もう一人同室の韓国人ユンと3人でディナーへ。
    ザワークラウトとソーセージ。と赤ワイン。
    とってもおいしかった!


    気さくな店員さんが話しかけてくれて、楽しく食事。
    雰囲気も素敵。


    帰りに見つけたシュネーバル屋さん。

    シュネーバルというのは、ローテンブルク名物の揚げドーナツみたいなお菓子。
    明日トライしてみよう。

    念願だったシャガールのステンドグラスも見れたし、たくさんの素敵な出会いがあって、今日も幸せな一日でした。

    0

      ヨーロッパ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
      スポンサーサイト
      0

        - / - / - / スポンサードリンク /
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://h1t0m1t.jugem.jp/trackback/25
        トラックバック