イタリアに行ってきました。旅行記更新中。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 甘い香り漂うブリュッセル / main / シャガールの青 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    - / - / - / スポンサードリンク /
    ライン川に沿って

    2010.9.26*5日目

    今日はベルギーを後にし、ドイツへ向かいます。
    ライン川下りをする予定だったのだけれど天気が悪かったので、ライン川は明日にすることに。

    朝食は、パリのBVJに比べるとはるかに豪華。
    チーズ、チョコ、ジャム、など、パンにつけるやつが充実していたかな。
    パンはバゲットではなく、食パンみたいなやつ。国が変わったのを実感。
    薄いワッフルのお菓子も置いてあったので、ほくほくです。

    朝食の席で、アイルランドに留学していた日本人の女の子と知り合う。
    同室の日本人の方と3人で一緒に朝ごはん。わいわい楽しい。
    お互い、いい旅を!

    ドイツへ向かうため、ブリューゲルYHを後にする。
    ここのYHは、清潔で綺麗で過ごしやすかったです。


    Bruxelles-Central駅付近にある騎馬像。


    Bruxelles-Central駅からBruxelles-Midi駅へ向かう。
    メトロのホーム、かわいい!


    ゴミ箱もカラフルでとってもかわいい!
    思わず写真撮ったけど、周りから「なんでこの子ゴミ箱なんて写真撮ってるの?」的な感じで見られました。笑


    ベルギーは、オランダ語とフランス語が公用語で、地域によって話される言葉が違う。
    表記は必ず両方の言葉で書いてある。
    同じ国なのに話す言葉が違うのって、どんな風なのだろうう。

    昨日と同じく、Thalysに乗り、ケルンへ向かいます。
    ケルンHbf(Hauptbahnhof=中央駅)。


    駅のロッカーに荷物を預け、大聖堂へ。
    Hbfを出てすぐ目の前に、あの何度も写真で見た壮大なゴシック建築がそびえ立っています。

    大きすぎて視界に入りきらないくらい。
    作るのに600年かけたというそれは、重厚さや威厳が半端ない。

    中に入ると、強烈な光が祭壇を照らしていました。

    まるで天からの光に包まれているみたい。

    カラフルなモザイクのステンドグラス。


    そこから差し込む光は、様々な色に輝いて大聖堂内を照らす。


    こちらのステンドグラスも、きらびやかで精密。


    光に包まれる大聖堂の美しさを堪能したあとは、マインツに向かうため、駅へ。
    まずは腹ごしらえ。せっかくドイツに来たので、ホットドッグ!というよりも、パンとソーセージ、か。


    マインツ行きの切符を購入して、いざホームへ。
    ここで、出発ホームが向かいのホームに変わっていることに気がつかずに、一本逃してしまった。
    次の電車にしようにも、そうするとバッハラッハに着くのが夜遅くになってしまうので、今日はマインツを諦めて、バッハラッハに直接向かうことにしました。

    切符の払い戻しをしようと、泣きそうになりながらチケットカウンターをうろうろ。
    売り場の案内のおじさんが助けてくれ、無事に切符の払い戻しをすることができた。
    カウンターで新しい切符も購入。
    売り場のおじさんも、カウンターの人もとっても親切。みんな紳士。

    そんなわけで、ケルンからバッハラッハまで、乗換一回の鉄道の旅。
    窓に目をやると、虹が出ていました。
    なんかちょっと幸せな気分。


    Koblenz(コブレンツ)で在来線に乗り換えると、ライン川の真横をずっと走っている。
    豊かに流れるライン川と、岩山がすごく壮大。
    向かいの席に老夫婦が座っていて、私が「あとどれくらいだろう」と切符を眺めていると、「Bacharach(バッハラッハ)なら私たちと一緒に降りればいいから大丈夫よ」と言ってくれた。
    彼らも旅行者らしく、バッハラッハの町のインフォメーションまで案内してくれた。

    バッハラッハの街並みはこじんまりしているけれど、古くてとてもかわいらしい。


    YHへは、教会の手前にある石段を上って、山道を15分くらい歩きます。

    運動不足なので、とても心配…。笑

    途中にある、廃教会。雰囲気たっぷりで素敵です。


    10キロのリュックを背負ったまま、ぜーはー言いながら、ひたすら山道を登ります。

    するとやっと今日の宿が見えてきました。



    シュターレック城という古城を改装したところで、とても雰囲気のあるYH。

    ライン川も一望できるんです。絶景。

    これだけで、ここまで登ったかいがあるってものです。

    まずは、お部屋に行ってみることに。
    ドミトリー(相部屋)で予約していたんだけど、今日は私一人だけだったので、シングルのお部屋に変えてくれていました。
    屋根裏部屋にいるみたいで、テンションが上がる!にやにやが止まりません。
    赤チェックのベッドカバーもかわいい。なぜかHARIBOもサービスで置いてあるし。
    なんかもう嬉しすぎて鼻血出るかと思った…!笑


    夕食は地下のバーで。
    エスカロップとマッシュポテトと付け合わせの野菜。そしてサラダにスープ。
    全部食べ放題。おいしかったです。
    オフシーズンなせいか、人はまばらで、家族連れが多いみたい。
    下手にホテルにするより、全然こっちの方がいい。格段に安いし。


    夕食後は、YHの周りを探検。
    テラスにあったオブジェが素敵。


    入口横の道を出て上に行くと、塔の残骸が。
    そこを上るとさらにすばらしい眺めが広がっていました。


    泊っているYHも見えます。


    しばらくライン川をぼーっと眺める。
    こんな過ごし方もいいですね。

    日が暮れてから、地下のバーへ。
    ここのバーのワインが美味しいと評判なのです。
    外のテラスで飲むことにしました。

    Burg Stahleck(シュターレック城)の名入りの陶器コップに並々と注がれたワイン。
    飲んでみると、ぶどうジュースみたいなさわやかな口当たりで、とても飲みやすい。
    ライン川と夜景を見ながら、ワインを飲む。なんて素敵な夜なのでしょうね。

    ロビーで酔いを醒ましていると、ちょうど日本人の女性がYHに到着したところだったみたいで、彼女としばらくおしゃべり。
    ミュンヘンまでの旅程と泊まるYHがほとんど一緒!これはすごい偶然。
    ミュンヘンのオクトーバーフェストでは一緒にビール飲む約束をした。えへへ!

    今日はすごく大変だったけど、反対に、いいこともたくさーんあった。
    とても素敵な一日でした。

    0

      ヨーロッパ / comments(3) / trackbacks(0) / ひー /
      スポンサーサイト
      0

        - / - / - / スポンサードリンク /
        コメント
        はじめまして。こんにちは。
        たくさん、色んなところへ行かれているんですね。
        写真がどれもステキです。
        その写真を、私の発行します同人誌(有料)の表紙に使わせていただきたいと思い、お許しを願うものです。
        (まだどの写真を使うか決まってないのですが…廃教会の写真を候補に致したく。また使用の際にはサイトURL等をを記載させていただきます。弱小サークルですので、宣伝効果等は無に等しいですが……)

        このようなところでお願い申し上げまして、失礼いたします。
        どうぞよろしくお願い致します。

        真乃
        | 真乃 | 2011/08/05 5:52 PM |
        真乃さん

        こんにちは。
        廃教会の写真ですか!
        あんなへたっぴな写真でよければぜひどうぞー。

        | ひー | 2011/08/08 3:26 PM |
        ひー さま

        こんにちはです。
        ご承諾いただきまして、ありがとうございます!
        色々探しましたが、やはり、この写真が1番だと思いました!
        ステキなアングルからのショットだと思いますw

        改めて、ありがとうございます!!
        | 真乃 | 2011/08/09 2:01 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://h1t0m1t.jugem.jp/trackback/24
        トラックバック