イタリアに行ってきました。旅行記更新中。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    - / - / - / スポンサードリンク /
    絵本と木の実の美術館


    越後妻有日記、後編です。


    最後にやってきたのは、ここ。
    田島征三 「絵本と木の実の美術館」

    鉢という小さな集落にある、小学校。
    閉校してしまったこの真田小学校をまるごと絵本にしたのがこの美術館です。

    閉校当時の最後の在校生3人が、この絵本の主人公。

    入口では、バッタリバッタがお出迎え。

    大きなししおどしになっています。

    いざ、絵本の世界へ。


    懐かしさのある、下駄箱。


    入ってすぐが体育館。
    そこには最後の生徒でもあり、この空間絵本の主人公ユウキ・ユカ・ケンタが書いた、物語の説明があります。

    絵本のタイトルは、『学校はカラッポにならない』。

    真田小学校の地図。

    彼らの案内に従って、一緒に冒険しましょう。

    まずは体育館。

    バッタリバッタのししおどしから伸びた糸がここに繋がっていて、ユウキ・ユカ・ケンタとその仲間たちが動き出します。

    木琴。


    視力検査。0.6でした。


    「まず、2かいにのぼってください」
    「木の実のぶらさがっている流木をたどっていってください」


    学校に住むオバケたちがお出迎えしてくれます。

    女子更衣室。


    トペラトトというオバケ。


    次は、「ウサギ先生の部屋」

    ユウキ・ユカ・ケンタ。


    視線の先には、大好きなウサギ先生。

    「のんびりねころんで絵本を見る部屋」






    「流れる生命の河」


    懐かしいものたち。


    紙粘土のケーキ。


    友人とふたり、きらきら星を演奏してみました。






    最後のらくがき。




    真田小学校の歴史。




    絵の具筆やクレンザーなんかも、どこか懐かしい。


    ここを訪れた人たちがそれぞれに書いたオバケの部屋。


    木の実のぶらさがった流木をたどっていっています。


    ここにもいた。オバケ。

    「かいだんをおりると絵本が終る」

    さて、1階にやってきました。
    ここは、企画展「ふしぎの国の天才たち」の部屋。




    理科室。


    斬新。でも、すごく素敵。




    外にも机が。

    天気のいい日はここでお勉強もいいかもね。

    廊下の掲示板。地震の時に寄せられたメッセージ。

    「明日は春」


    「地震は、だれが悪いっていうことは、ないから。
    心の傷も、体の傷も、一日一日の大切な時間で、
    なおしていってください。」

    まっすぐで、あったかい。

    体育館に向かって戻っていると、なにやら素敵なカフェが。

    この美術館に併設されたhachi cafeです。
    柔らかい光とゆったりした空気がよく似合う。

    きゅうりや、ほおずき、校庭の畑で取れたトマト。

    ご自由に、だそうなので、トマトをひとついただきました。

    さて、体育館に戻ってきました。

    楽しそうに賑やかにはしゃぎまわる3人の声が聞こえてきそう。





    私の通っていた小学校も木造校舎で、本当に小さな学校で。
    そんな母校とどこか重なって、すごく懐かしい気持ちになりました。

    自分の学校がなくなってしまうって、どれだけ寂しいんだろう。
    「学校はカラッポにならない」というメッセージはどうしようもなく切なくって、でも同時にたくさんの思い出や愛着が感じられて、なんだか言葉にならないくらい。

    さみしくて、切なくて、かわいらしくて、懐かしくて、楽しくて、ぎゅーっと抱きしめたくなる。そんな空間。
    こういう気持ちを「愛おしい」って呼ぶのだろうか。

    学校はなくなってしまったけれど、思い出はずっと残って、この集落でみんなと共に在り続けるのだろう。
    田舎の小さな小さな小学校。大好きな場所になりました。

    1
    • hanf
      2011-08-22 00:12:41


    おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
    大地の芸術祭の里、越後妻有。


    この日は大学時代の友人と、越後妻有へ出かけてきました。
    3年に一度開催される大地の芸術祭、越後妻有アートトリエンナーレの舞台です。

    自然がいっぱいのこの地で、どんなアートに出会えるのだろう。
    では、夏のアート巡り。スタート。

    ジョセップ・マリア・マルティン 「まつだい住民博物館」

    カラフルな板が並んでお出迎え。
    この板には、松代というこのあたりの集落の全世帯の屋号が書いてあります。
    家主が選んだ「冬の色」で塗装されているそう。
    歩くとセンサーが感知して、松代の人々の声が流れてきます。


    長兵ェ…
    (ごめんなさいごめんなさい)


    小沢剛 「かまぼこ型倉庫プロジェクト」

    この地域によく見られるかまぼこ型倉庫のミニチュア。
    中には作品が展示してあります。


    イリヤ&アミリア・カバコフ 「棚田」

    ちょっとこれ撮る角度があまり良くないんだけど、棚田で農作業をする人のオブジェと、手前にあるテキストが一体になって、ちょうど絵本のようなそんな感じになるんです。


    草間彌生 「花咲ける妻有」

    カラフル。キュート。


    松田重仁 「円−縁」



    ハーマン・マイヤー・ノイシュタット 「マジック・シアター」

    近未来的な筒状の空間と、


    自然への入り口が繋がる。


    次は、車を止めて、森の中へ入っていきます。


    そこに現れたのは、森の中の小さな図書室。

    トビアス・レーベルガー「フィヒテ」



    ドイツ文学や哲学・童話などの書籍たち。




    ほんのり薄暗い森の中で読書。


    お腹がすいたので、また車を走らせて、松之山温泉の方へ。

    温泉街の食堂でおそばをいただきました。


    昼食後は「夢の家」や「最後の教室」といった作品を目指して、山を上ったり下ったり。
    残念ながら地震の影響で二つとも閉鎖中でした。残念。

    3.12の地震や、先日の豪雨の爪痕がまだ痛々しく残る十日町。
    この素晴らしい里山が早く元気になりますように。



    この後は、「絵本と木の実の美術館」に向かいます。
    とても印象深いところだったので、次の記事で紹介したいと思います。

    0

      おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
      夏!海!BBQ!


      海へ行ってきました!

      あおーい海。


      浜辺でBBQよ。(基本黒焦げw)


      おいしそーーーう。


      海に渡してある橋?の上でまったり。

      するだけのつもりが、男子のやってたビーチバレーに参加。

      場所は砂浜ではなく波打ち際、というよりむしろ浅瀬の海。
      水着じゃないのに、ボールを追いかけて海にダイブし、案の定ぐっしょり!w
      楽しかったからいいか。笑



      この日は会社の同期35人くらい集合したのでした!
      BBQして、ビーチバレーして、海をぼんやり眺めて。
      楽しかったなあ。
      夏らしい一日を過ごせました。




      あと今日海に行って思ったのだけれど、静かな浜辺でゆっくり読書しながら一日過ごせたら、どんなにか幸せだろう。

      0

        おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
        紫陽花の街


        笑いながら君は 雨に流れて消えた

        ずぶ濡れの紫陽花みたいに

        綺麗で

        悲しい





        梅雨の時期が来るといつも聞きたくなる。
        椿屋四重奏の『紫陽花』。

        好きな花はいくつかあるけれど、一番好きなのは、紫陽花です。
        雨に濡れた紫陽花は、綺麗で、どこか儚く、切ない。
        独特の情緒がある。



        そんな大好きな紫陽花を見に、鎌倉へでかけてきました。
        先日うちに来たカメラを連れて。

        江ノ電途中下車の旅。

        まずは極楽寺駅で降りて、成就院。

        紫陽花の咲く参道から、鎌倉の海が見える。絶景。



        極楽寺駅。

        江ノ電好き。駅もレトロでかわいいし、商店街や家々や木立の中を走るのが、とてもいい。

        さて、次は長谷寺へ。

        晴れ渡る空。



        山の斜面に咲く様々な紫陽花。


        海を望む。










        涼しげ。




        紫陽花持ってる。


        水と菖蒲。涼やかです。


        日が照ってきたので、休憩がてらお昼。
        アジアンな素敵カフェへ入りました。

        久しぶりに会った友人とゆっくり話しながら涼む。

        友人からのペルー土産。

        冷やしフォー。


        生春巻き。


        お昼を終えて、北鎌倉へ。

        んー、木漏れ日がきもちいい。透き通る緑。


        次に向かったのは、紫陽花寺こと明月院。


        青一色っていうのもまた凛としていて、良い。
        それでいて儚げな雰囲気がたまりません。




        枯山水。静かな、日本の美。


        これまた素敵。


        竹林は、そこだけ別世界みたいな涼しさ。ひんやりと気持ちいい。


        青。


        良い感じの路地。


        ここでまた江ノ電に乗り、和田塚へ。
        線路沿いの甘味処、無心庵。




        クリームあんみつをいただきます。

        歩きまわって疲れた体に染み渡る甘さ。

        またまた江ノ電に乗り、終点の鎌倉へ。
        小町通りを歩く。

        素敵なレストラン。

        coin de rue(街角)、コアンドル。

        近くの古本屋さんにて。

        あまりにときめいたので、撮ってみた。
        古本のこの古めかしい感じがたまりません。

        友人とおしゃべりして、食べ歩いて。そうして小町通りを歩いていく。
        楽しい。



        古都の面影と、レトロモダンな雰囲気。
        情緒ある街鎌倉には、紫陽花が良く似合います。

        0

          おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
          草津温泉へ癒しの旅
           
          バイトバイトバイトの合間に順調に夏を楽しんでいます。

          今日は友人と、余った青春18きっぷを消費しようと群馬は草津温泉へ行ってきました。

          新宿から電車とバスを乗り継いで、約3時間ちょっと。

          まずは、草津のバスターミナルで腹ごしらえしてから、中心街ともいえる湯畑へ。



          湯畑って、お湯の温度調節をしたり、湯の花を採取するところなんだって。
          草津の温泉は、エメラルドグリーンでとても綺麗。岩にも色が移っちゃうほどです。

          次に向かうは西の河原温泉!
          湯畑から細い通り(西の河原通り)を通ります。

          昔ながらの宿やお湯屋さんがいい雰囲気を出しています。

          もちろん温泉まんじゅうやおせんべい屋さんなんかも!

          醤油の香ばしい香りにつられていただいたのが、昔醤油のおせんべい。
          食べ歩こうと思っていると、お店の方に「中で冷たい麦茶と一緒にどうぞー」とすすめられた。
          こういうの、とってもうれしい。

          そのあとも温泉まんじゅう屋さんで温泉まんじゅうとお茶を頂いて(試食で)、おばちゃんたちと世間話しながらゆっくり休憩。

          そんなこんなで寄り道しながら坂道をのぼっていきます。
          すると…!



          着いたー!西の河原公園!

          こんな風に川みたいに温泉が流れているのです。
          なんて贅沢なの。笑

          そのまま山道のぼってやっとこさたどり着きました。

          露天風呂ーー!
          ひろーい露天風呂にゆっくり浸かって、ひといき。
          緑に囲まれた、何とも癒されるお風呂でした。
          お肌つるつる。

          そのあとは、また湯畑に戻り、喫茶店へ。

          レトロな雰囲気がなんとも素敵なところです。

          抹茶好きの私が頼んだのは、この抹茶シェイク。

          みてみて!スプーンの柄がハートなの!きゅーん。

          そして次に向かうは、大滝の湯。
          ここは草津でも一番有名なお風呂だそうです。
          大浴場と露天風呂。
          わたしはすぐにのぼせちゃうので、露天風呂でまったり。
          ここは白く濁ったお湯で、これまたお肌すべすべに。

          外の涼しい空気と緑に囲まれながらゆったりと温泉に浸る。
          とても贅沢で癒されるひとときでした。

          日帰りということもあり、なんだかバタバタしてしまったので、今度は泊りでゆっくりしたいな。
          0

            おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
            夢の海

             
            さてさて、のってきたので連続更新です。笑

            昨日はディズニーシーへおでかけ。
            バイトの同期と、バイトの元先輩方と4人で。

            8時に舞浜入りという気合の入りようです。笑
            まだ夏休みだからね、混んでるからね。

            まず着いてすぐ、チップとデールのクールサービスでびしょぬれるため、びしょぬれスポットで場所取り。
            その間にセンター・オブ・ジ・アースのFP取ったり。

            ビーサンに履き替え、かばんをビニール袋にしまい、(ほんとにびしょぬれる気まんまんだったのでレインコートは着ず)、いよいよクールサービス開始!
            …うん^^見事にびしょぬれましたw
            おにいさん・おねえさんたちにホースで水かけられまくりましたよ。
            ちょーたのしい。

            そのあとは木陰でちょっと休憩して、アラビアンコーストへ!
            マジックランプシアターでひとしきり笑った後、サルタンズ・オアシスでシェイブアイス。

            マンゴーうまうまです。

            そしてインディのFPを取り、センターに行こうとすると、まさかのメンテナンス…
            しかたないのでマーメイド・ラグーンでぐるぐる回転しました。笑

            そしてこの日のランチは、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテで。

            ボロネーゼとパンナコッタ。お値段も手ごろでうれしい。

            そのあとは、復活したセンターに乗ったり、インディに乗ったり、レイジング・スピリッツに乗ったり。
            絶叫大好きな人たちなので、FPをうまく使って絶叫三昧。

            しかし、昨日は混んでいたため、FPもすぐに終了。
            ダッフィー買いに行ったり、コーヒーゼリーフロート食べたり。

            これも美味でしたー。

            そしてビッグシティ・ビークル。ポリスワゴンに乗りこんで優雅にドライブ。

            アイスワゴンとかもレトロでかわいかったです。
            こういう乗り物に乗っていると、道行く人が手を振ってくれてとってもうれしい。
            こういうとこがいいよね、ディズニーは。うん。みんながあったかいの。

            ひとしきりまったりした後は、ボンファイヤーダンスを見にアラビアンコーストへ。

            運よくベスポジが取れたので、そこで日が暮れるのを待ちます。
            わたし、アラビアンコースト大好きでして。ずっといても飽きないくらい、大好きでして。
            待ってる間ぼけーっとアラビアンな空気を楽しんでました。

            そしていよいよボンファイヤーダンス!

            ダンサーさんの踊りも衣装もかっこよかったし。
            アラジンとジャスミンもやっぱり素敵でした。
            ミニーの着物もかわいかった。
            そして何よりミッキーがかっこいい。イケメンです。威厳がはんぱない。
            見ているこっちも一緒に踊って楽しめました!

            そのあとは、カスバ・フードコートでごはん。

            アラビアンコースト大好きなので、あの空間でごはん食べられるなんて至福そのものなわけです。

            ランプもいちいちかわいいんだもの!きゅん!

            夜はまたいっそう幻想的なアラビアンコースト。

            そのあとは、TOTに向かいます。
            早々にFPが終わってたので、空いてるといいなと思って夜に行くことにしてたんですが。
            やはり超人気。スタンバイも終了していました。
            次回ね、次回。


            というわけで、最後はヴェネツィアン・ゴンドラ。

            ちょっと控えめだけどおもしろいチャランティーノさんと、ずっと漕いでくれていたかっこいいお姉さんのリッツェルさん。
            そして、東京にいることを忘れてしまうような綺麗な景色。
            そして何より、一緒に遊んでくれた友人たち。
            素敵な場所で素敵な人たちと過ごせてよかったです。

            いつもはアトラクションメインなんですが、今回はゆっくりおしゃべりしながらご飯食べたり、景色見ながら乗り物に乗ったり、疲労を溜めることなく余裕を持って楽しめました。(もちろんTDSの外に出たあと一気に疲労が襲ってきましたがw)
            こういう楽しみ方もいいな。

            いくつになっても、違った見え方で楽しめる。
            それがディズニーのいいところですよね。

            素敵な一日でした。
            まさに夢の海。

            0

              おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
              軽井沢で教会めぐり


              久々の更新になってしまいました。
              またちょくちょく更新していきますので、よろしくお付き合いください。

              先日軽井沢へ日帰り旅行してきたので、今日はそのことでも書こうかな。



              8月20日、まだまだ暑い日が続く中、地元・新潟は長岡から軽井沢へ行ってきました。
              長岡からだと3hくらいで軽井沢到着です。意外に近いのね。

              今回は、軽井沢の教会めぐりがメインです。
              もともと宗教建築だいすきなので、とってもうれしいプランでした。

              まずは、中軽井沢、石の教会へ。
              石造りのとっても芸術的な建築。石・光・水・緑が織りなす美しさに感動。

              そして、お隣の軽井沢高原教会。

              石の教会とはまた違って、木の温かみのある教会でした。
              どちらも結婚式場としてよく使われるみたいで、開放的で入りやすい雰囲気の教会だったなー。



              そのあとは、旧軽井沢方面へ移動。
              途中で見つけたかわいいレストランでランチです。
              木陰のテラス席だったので、風がとても気持ち良かったな。
              トマトとナスとベーコンのパスタをいただきました。美味。

              腹ごしらえしたあとは、旧軽井沢の銀座通りにある、聖パウロカトリック教会へ。

              入って一瞬で、それまでの教会とまったく雰囲気が違うことに気づきました。
              ここは神に祈る場なんだと、改めて実感させられるような重々しさ。
              カトリックならではの雰囲気が伝わる、歴史ある教会。

              ここで少し神聖な気持ちを味わったあとは、銀座通りを歩きます。


              ミカド珈琲のモカソフト。やわらかくてほろ苦い。

              看板もなんかレトロで素敵。

              ミカド珈琲の横には、これまた教会が。軽井沢教会。

              お花に彩られた小道を通ったところにひっそりとたたずむ、こぢんまりした教会。
              街に溶け込んでいる教会って珍しい。

              銀座通りをてくてく歩いていくと、軽井沢の観光協会がありました。

              軽井沢って、日本が洋風文化を取り入れ始めたころの趣をまだ残しているよね。
              明治・大正あたりの。
              そんな街並みがレトロでとても好きです。

              そして銀座通りをさらにふらふらしていると、横に入った道に、こんなかわいいギャラリーが。

              ステンドグラスのギャラリー!!!
              ステンドグラスフリーク(笑)の私としては、ぜひとも足を踏み入れたい空間。
              ですが、中ではものっすごいお金持ちそうなマダムがオーナーさんと商談していたので、入れず…。
              おうちにステンドグラスって。どんだけお金持ちなの。
              さすが軽井沢、と実感した瞬間でした。笑

              そして次に向かうは、銀座通りの一番奥にある、ショー記念礼拝堂。
              木が鬱蒼と茂っている森の中に、それはあります。ひっそりと佇む、森の中の教会。

              中に入ってみると、これまでのどの教会とも違う空気感に言葉が出なくなりました。
              うまく言い表せないのだけれど、厳かで、でも素朴で、温かくて、静かで、尊い。
              そんな空気感や雰囲気が、体にまとわりつく。それもものすごい密度で。
              それほどのしいんと張り詰めた空気なんだけど、でも温かくつつまれてる感じがする。
              その場から動けなくなるような、そしてこの空気にもっと浸っていたくなるような、そんな空間でした。
              どうやら一緒に行った友人も、そう感じていたみたいで、二人してしばらくその空気を味わっていました。

              その後は、銀座通りに戻り、高級感漂うレトロな喫茶店でお茶しました。

              どっかのバーみたいだけど、これ一応アイスココアです。笑
              場違いすぎてどきどきしました。次回はもっと大人の女性になってから訪れたい。

              そして、最後の教会は、ここ。ユニオンチャーチ。

              英語教室とかそういうのもやっているところで、“開かれた”教会という感じ。
              地域の人が集まってきやすそうな。新しさのある教会でした。



              という感じで軽井沢を満喫した一日でした!
              今回は教会めぐりだけだったけど、他にも美術館や、景観の美しいところがあるので、ぜひまた訪れたいなと思います。

              避暑地だけあって、新潟ですら30℃超えの時期に、まさかの24℃でした。
              木陰で風が吹くとひんやり冷えて、とっても気持ち良かった。
              来年の夏は、ロッジ借りて、地元の仲間と避暑しつつ軽井沢観光したいなー。

              0

                おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
                京都弾丸旅行


                生まれてはじめての京都!き ょ う と !K Y O T O !!!

                ということで、わくわくどきどきしながら行ってきた!

                夜行バスで行って、一日遊んで、その日の夜また夜行バスで帰る。というちょっと無謀な旅。



                まず、嵐山へ。
                天龍寺、竹林の道、野宮神社を回る。

                竹林が風情あってとてもいい気分になりました。涼しい〜

                そして金閣、銀閣へ。
                わたしやっぱり銀閣の方が好き。
                わびさびな感じ。渋くて、趣ある。

                そのあとはバスに乗って平安神宮へ。

                鳥居の下をくぐったよ。はくりょく!


                だだっぴろい敷地に鮮やかな色使いでそびえる平安神宮。
                とても雅でございました。いとやんごとなし。

                そのあとは清水寺、地主神社行って、祇園へ。
                舞妓さんをちらっと見て感動。美しい…!

                そのあとは、いきなり土砂降りになってしまった。
                祇園祭の前夜祭?なのに残念でした。

                とりあえずご飯食べるついでに雨宿りして、一旦駅へ。

                お土産を物色したあとも、まだ時間があったので、ライトアップされている東寺を見にふらふらしてきました。
                あんなに綺麗なんだから、夜も中に入れたらいいのにー。



                と、こんなかんじ。1日でけっこうまわれるものなんだね。
                おかげで帰ってから足のむくみ具合に驚愕したけれど。



                今度は泊りがけでゆっくりしたいです。
                宇治の方とかにも行きたいなー。

                というわけで、初めての京都、大満足のうちに終了。

                0

                  おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /
                  鎌倉紫陽花めぐり

                  先日、お友達と鎌倉へ行ってきました。
                  紫陽花が見ごろということで、紫陽花めぐりをしに。

                  まずは、藤沢駅から江ノ電途中下車の旅。

                  *成就院
                   
                  極楽寺で下車して、極楽寺をさらりと見た後、成就院へ。
                  紫陽花の咲き誇る参道から海がちょうど見えるのです。
                  なんとも絶景。

                  *御霊神社

                  成就院からてくてく歩いて御霊神社へ。
                  鬱蒼と木の生い茂る涼しげな場所でした。
                  神社の手前の踏切が、何ともいい感じ。

                  *由比ヶ浜

                  御霊神社から長谷寺へ行くつもりで歩いていたら、間違って逆方向に(方向音痴二人組。笑)
                  そしてたどり着いたのが由比ヶ浜。
                  ちゃぷちゃぷして遊んできました。
                  足を砂で汚したくなかったので、サンダルのままで入ってたら、金具のとこが錆びついておりました。泣
                  なんで、海ってあんなにきもちーんだろう。
                  海に入りながら、てくてく歩いて、とっても爽やか気分。

                  *長谷寺へ行くまでに出会ったものたち

                  なみへい、というたい焼き屋さん。レトロな感じでとてもかわいかった。
                  このかき氷機もずきゅん!ときました。笑


                  わたしは、アイスクリンという昔ながらの素朴な味のアイスを最中に挟んでもぐもぐ。
                  卵で作った、懐かしい感じのアイス。
                  お友達は、抹茶あんこのたい焼きを。
                  抹茶の濃い香がふわっと漂う、本格派の抹茶あんこでした。


                  てくてく歩いて見つけた看板。牛乳屋さん。
                  レトロでかわいい!


                  お昼に立ち寄ったきし麺屋さんのてんぷら弁当。
                  おじいさんとその奥さん、そしてその息子さん?でやっているお店。
                  作った人の人柄がわかる、素朴で優しいお味でした。
                  おじいさんがかわいすぎてときめき。また行きたいな。

                  *長谷寺

                  そしていよいよ長谷寺へ。

                  山の斜面に一面咲き乱れる紫陽花。そして、由比ヶ浜の海。


                  長谷寺からすぐのところにある甘味処でひとやすみ。
                  クリームあんみつとお抹茶で癒されました。

                  *円覚寺

                  鎌倉駅で江ノ電を降りて、JRに乗り換え。北鎌倉へ向かいます。
                  北鎌倉は、木に囲まれた涼しげな趣あるところです。
                  まずは円覚寺。杉林の中に凛と佇む禅寺は、風格たっぷりで心がしゃきっとしました。

                  *明月院

                  通称「紫陽花寺」と呼ばれるだけあって、これがまた美しいのです。
                  青い紫陽花が参道を挟むように咲いている、その中を歩くのがとても好き。
                  いろいろな色・種類の紫陽花も綺麗だけれど、明月院みたいに全部青い紫陽花っていうのも情緒があっていいですねー。

                  *鶴岡八幡宮

                  最後はまた鎌倉駅に戻って鶴岡八幡宮へ。
                  やはり迫力が違いますね。
                  この前倒れてしまった大イチョウの木も見てきました。
                  新しく植えられた芽がもうすくすく伸びていて、自然の生命力に驚いたり。

                  帰りは小町通りを通って鎌倉駅へ。
                  時間が6時過ぎだったせいか、どこのお店もしまっていて残念でした。
                  次はゆっくりお買いものもできたらいいなー。

                  と、そんな感じで、紫陽花めぐりの旅は終了。
                  季節の花・景色とか、季節ごとに違う空気感を感じられる、そんな日本が大好きです。
                  0

                    おでかけ / comments(0) / trackbacks(0) / ひー /